イベント車両のラッピング

イベント車両はラッピングにより強くアピールすることができます。

市販の車両であっても、ボディーのカラーはもちろんのこと、デザインも自由に表現できるからです。よく、車体の全面にわたって広告デザインを施したイベント車両を見かけることがあるでしょうが、これは実はラッピングによるものです。塗装との違いは、そのイベントが終了すればただ剥がすだけ簡単に元に戻せることです。塗装ですと、元に戻したいと思ってもそう簡単にはいきません。普通は塗装を剥がすようなことはできず、上から再度塗装することになり、それだけ費用もかかってしまいます。

これに対してイベント車両のラッピングであれば、予めカラー印刷したフィルムを貼ることでカラーやデザインを表現できますから、塗装工が作業をするよりも安くて済むことが多いですし、イベントが終われば剥がすことで元に戻せるわけです。貼るのは一般の人でもある程度慣れれば何とかなるくらいで、さほど難しいものではありませんが、さすがにデザインや印刷については一般の家庭では困難でしょう。

大判のフィルムに印刷できるような特殊なインクやプリンターが必要になるからです。もちろん貼るときには窓の部分にはかからないようにするか、あるいは後で切り取る必要がありますが、中には透明のフィルムを用いることで窓に対しても貼ることができるものもあります。このようにデザインしたイベント車両は見た目にも美しく、人目を引くことは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *