路線バスラッピング広告は柔軟度が高い

街中にある路線バスに、広告が施されているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

路線バスの広告にはラッピングが活用されていて、これは車体に塗装するのではなく、デザインを印刷したシートを熱によって吸着させています。フルカラー印刷だと写真をプリントもできるので、写真を使った広告を路線バスにラッピングすることが可能です。コストは塗装よりも高くなりますが、宣伝の仕方のバリエーションが豊かになり、全体を覆うのでインパクトのある宣伝もできます。

ラッピングを使った路線バスの宣伝効果は大きく、目に入る機会も多くなります。停車中のバスを見た時に車体も大きいので記憶にも残りやすいです。また、特定のエリアを走っているので、ピンポイントでその地域の人に宣伝したいという場合に無駄なくアピールできます。広告を出すためにはバス使用料などが施工費用以外にかかるので、それなりの費用は発生してしまいます。

しかし、他の方法に比べて優れたメリットもありますので、コストや宣伝したいことなどを総合考慮してこちらに利があると考えるなら選択肢に入れてみると良いでしょう。フルラッピングではなく部分的なものであれば、そんなに費用もかかりません。また、長期ではなく短期間の契約であればこちらもコスト的にはあまり気にならないレベルになるはずです。もちろん、長期契約ならずっと宣伝し続ける事も可能なので、事情に合わせて活用することができます。
路線バスのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *