路線バスのラッピング車両による宣伝

路線バスに、広告がデザインされた車両を見かけたことがある人も多いでしょう。

これは、東京都が都営バスに取り入れてから広まって行きました。広告枠として販売をしていますが、このデザインにはラッピングが使われています。広告は契約が終われば元にもどく必要がありますが、塗装であれば元にもどくのが大変です。しかし、シートなら簡単に剥がせるのでラッピングが用いられます。路線バスは人が多く目にしますし、大きい車なので目立ちますので、広告としての宣伝効果はかなり期待できます。

また、宣伝したい地域の路線にピンポイントで投入できるので無駄がありません。ラッピングを使った路線バスの広告は、印刷なので写真が使えます。塗装ならそうはいかないので、この点は大きな違いです。フルラッピングならインパクトも大きいので、よりアピールすることに繋がるでしょう。大企業はもとより、地域で営業するお店の宣伝などにも活用されています。

広告を出すためにはバスの利用料や施工費用を支払わなければなりません。この値段は路線や契約期間等で変わってきます。結構費用がかかるものではありますが、効果を考えると十分元をとることはできるでしょう。人が多いエリアなら目撃する機会は豊富ですし、1日に何回も同時区間を走っていれば嫌でも目に映ります。こうした広告を使うことで従来の広告費用を削減することにもつながります。より、人々に触れる機会が多くなるので、他の方法を削減できるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *