路線バスをラッピングすることで

広告といえば、一般的にはテレビやラジオなどのメディアを通じたものや、最近ではインターネットのバナー広告などが有名です。

もっともそういった広告だけでなく、街中で見かける看板やポスターも広告ですし、最近では自動車や電車、航空機などの乗り物の車体ボディに広告を施したものなども登場しています。このように広告にはさまざまな種類が存在していますが、より不特定多数の人々の目に入る広告としては、やはり乗り物の車体ボディを利用した広告です。なぜなら乗り物の場合は遠距離の移動も可能ですし、車体ボディも大きくて広いスペースがあるので、それだけ目立つ広告を施すことが可能なためです。

ただし航空機や電車の場合、移動するといっても場所が限られます。なので乗り物でも自動車が一番場所を選ばずに済みますし、とくにそれが路線バスならば、広告スペースも通常の自動車よりも大きくて、移動距離や停車する場所も多いため、高い広告効果を見込めます。ただしそんな路線バスの広告も、手作業の塗装ではスペースの広さが逆に広告を描く際に長い時間を要することになりますし、移動距離も多いため、それだけ風雨などに晒されるので劣化のリスクも高まります。

そこで登場したのがラッピングによる広告で、ラッピングは専用シートにコンピューターで広告の絵柄や文字などを施し、そのシートで車体ボディを包むという方法です。この方法ならば塗装のデメリットをすべてクリアしているので、高い広告効果を見込めて効率的として、ラッピングを施した路線バスには熱い視線が注がれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *