路線バスのラッピングはコスパがよい

路線バスのラッピング車両広告は、宣伝効果がとても高いです。

路線バスは車体がとても大きくて目立つので、多くの人の視線に入ります。また、路線バスは同じ場所を走ることになるため、宣伝をしたいエリアにピンポイントでアピールすることが可能です。路線バスにラッピングを施したい場合は、広告代理店を通して契約を行います。契約は短い期間から長い期間まで比較的柔軟に決めることができます。

ラッピングは塗装ではできない写真を使ったデザインもできますし、シートを貼り付けるだけなので短期間で宣伝を解すすることができるといった点がメリットです。ただし、フルラッピングになると料金が高くなってしまうのがデメリットです。高額といったデメリットも、他の宣伝方法と比べるとコストパフォーマンスには優れています。

直接街行く人たちに見てもらうことができるので、チラシなどのように見られる前に捨てられてしまうといったことがないです。また、テレビや新聞に広告を出すとすれば、それ以上の費用がかかってしまうこともあるでしょう。それでいてこれらの方法は、新聞やテレビを見ている人に対してしかアピールできません。

ピンポイントで特定のエリアに対して宣伝したい場合にも、コスト的に剥いていないです。ラッピングを施す路線バスなら、こうしたデメリットを克服することができますし、コスト的にも宣伝をするための他の方法と比較すれば高すぎるわけでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *