自由自在にスタイルを変える路線バスのラッピング技術

路線バスの場合、運行している会社や地域によって違いはありますが、比較的シンプルな見栄えに仕上がっていることが特徴です。

会社独自のカラーリングを施している車体に限定されていて、2色から3色程度の色分けをしていることも一般的です。現在では路線バスもラッピングを施すことが流行していて、会社独自に自由自在にスタイルを変更することができます。バスの場合は車体の面積がかなり広いので、元々がラッピングに向いているとも判断できます。

デザインについても自由にできるので、ご当地のイラストを用いたり、地域で乗る住民にとって喜ばしいデザインにすることも完全に自由です。独自性のある路線バスの車体に施すことについては、利用者増を期待することができると同時に、バスと会社の宣伝を兼ねることも十分に可能です。ラッピングの方法であれば車体にペイントする手間を省くことができるので、手軽にイメージチェンジを行える方法でもあります。

面積が広いことにより、路線バスのラッピング技術は専門会社に任せることが基本です。用いるラッピングシートもサイズが大きくなると同時に、デザインを印刷する際にも大型マシンが必要です。専門会社の場合はシートの選択からデザインの印刷、貼り付けの作業まで一貫して対応していることが基本になるので、その技術力を十分に魅力にすることができます。自力では不可能な作業でも難なくこなす専門会社では、施工時間も短く済ませることができるので、路線バスの営業を妨げてしまうこともありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *