路線バスのラッピング広告のメリット

路線バスによっては、ラッピングバスの広告枠を販売していることがあります。

たいていは、広告代理店にその取扱いは任せています。特に人が多い地域の路線バスでは宣伝効果が高いので、ラッピングがある路線バスを見かける頻度も高くなっているはずです。路線バスは決まった路線を走るため、その走る地域に住んでいたり通勤通学で訪れたりする人たちにアピールしやすいです。

見かける機会が多くなることで興味を持ってもらえる可能性も高まりますので、とても効率的な宣伝ができます。実際にラッピングが施されているバスを見たことがある人は、自分のことを思い出してみると、確かに印象に残っていると思われるかもしれません。広告枠は契約で購入し、期間は契約で定まっています。広告料はまちまちですが、バスの使用料として数十万円から100万円程度かかります。

当然、宣伝効果が高いと考えられる路線の場合は費用が高いです。実際の費用は扱っている会社により異なるので、問い合わせて確認してみましょう。ラッピングを施すための費用は意外と高く、大型バスのフルラッピングなら100万円くらいかかることも少なくないです。

部分的な場合は10万円程度でできる事もあり、宣伝の目的や取り扱いがどうなっているのかなどを考えて決めていきます。塗装とは違って高精細な写真を貼り付けることもできますので、路線バスの車体を利用した宣伝の仕方もバリエーション豊かになるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *