トラックのラッピング

皆さんは町中で、とても複雑なグラフィックの入ったトラックが走っているのを見たことはありますか。

ああいった複雑なグラフィックのほとんどがラッピングによって作られています。トラックに近寄ってよく見ると、シールを貼ったような線が見えたら、それはラッピングをしている証拠です。車両のラッピングには、表面か塩化ビニールでできたシートが使われる。このシートの裏には接着剤がついており、シールのように車両に貼り付けることができる。

そして、この表面は白いのでここに溶剤やラテックスインクジェットプリンタでグラフィックや写真等を印刷します。最後に好みの形にカットをしてシートが完成する。シートの貼り方は二種類やり方がありますが、まず最初はシートを貼る車両を洗浄します。これはボディを傷つけるのを防いだり、仕上がりを良くする為です。その後はやり方ごとで分かれます。

単色やシンプルなもので向きを気にしないものであれば、車両を完全に乾燥させた後スキージというツールを使って、しわを伸ばしながら貼り付けていきます。複雑なものや向きを選ぶものは、洗浄後に、中性洗剤を溶かした水を接着面に吹き付けながらスキージで貼り付けていきます。ある程度進んだら水気の処理をして、完成となります。簡単ですが、ラッピングの話をさせていただきました。皆さんもこれからラッピングのトラックを見かけたら、この話を思い出していただけると嬉しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *