トラックだってラッピングは可能です

ラッピングというと、何となく趣味の世界のように思われている向きもあるかもしれません。

しかしこの技術は、もともとは電車やバスなどの公共交通機関の車両をコーティングするのに用いられていることからも、決して遊びだけのものではないのです。もちろん事業用車両の最たるものであるトラックにだってラッピングは出来るので、是非試して頂きたいところです。

トラックでは塗装を使うことが一般的ですが、過酷な環境での使用が多いためにすぐに剥げてしまうという難点があります。剥げた塗装では見た目も悪いですし、車体本体への風雨や汚れのダメージも無視出来ません。こうした問題も合わせて解決出来るのが、ラッピングなのです。

ラッピングが塗装に比べて優れている点は、まず現在の車体の塗装を落とすことなく上からフィルムを貼り付けることが可能だという点です。工程が少なくて済むのでそれだけ作業にかかる時間も短縮出来て、稼働率を下げたくないトラックでも工場に入れることが容易になります。更にフィルムは車体を守る効果を発揮しますので、激しい現場作業にもしっかり耐えてトラック自体の寿命を長持ちさせる事も期待出来ます。もちろん、トラックを美しい状態に保つという点が一番のポイントで、やはり汚れた車よりも綺麗な状態の方が見る人の印象がよいのはもちろん、ドライバーの方も気持ちよく運転する事が出来るでしょう。こうした種々の利点があるラッピングは、どんどん活用して頂きたい技術です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *