意外な効果を見せるラッピングトラックという宣伝手法

ラッピング広告は電車やバスなどで盛んに行なわれている宣伝方法で、季節ごと、キャンペーンごとに表面のフィルムを貼りかえられ、実施されています。

メーカーによっては一押し製品の大きな写真を印刷して、強いインパクトを与える広告も行なうことが増えているようです。この宣伝方法は移動する媒体で行うのですから効果は抜群、電車・バス以外でも活用でき、トラックでも有効です。トラックは大容量のボックス型のコンテナを積んでいることが多く、広い宣伝スペースを持っています。

自社の運送会社の名前やロゴマークなどを表示させているだけにとどまっていることが多いのですが、この大きな面積を宣伝の場として売りに出すことは有効なことではないかと考えます。大手の会社はそうでもないかもしれませんが、個人で経営しているような小さなトラック会社は、人手不足や運賃の抑制などで忙しい割には経営は順調ではないです。

そこで広告宣伝会社とタイアップ、期間ごと、地域ごとに宣伝するメーカーや製品・内容などを変え、ラッピングトラックとして活用するのです。こうすると確実な宣伝媒体となり得て、本業以外の少なからぬ収益源になり得なるはずです。現在はネット販売などで山村地にも車両が乗り入れますから、そこで見る大きな宣伝物は必ず確実な効果を見せることでしょう。ラッピングの印刷技術は現在驚くほど進化し、数年前より時間・費用が低減されています。確かにスマートフォンやインターネットでの宣伝も効果があるでしょうが、地域によってはトラックに描かれた大きな表示がおもわぬ効果を見せることがあると考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *