イベント車を作る際のラッピング採用のメリットとは

催し物の宣伝に絶大な効果を発揮するイベント車ですが、実際に作るとなるとかなりの費用がかかりますので、そこまでは出費出来ないと諦めている主催の方も多いでしょう。

しかしイベント車は工夫次第で大幅に費用を削減できる余地があります。例えば使用する車体は普段から使っている営業車や配送車、あるいはトラックなどを流用すればそれで充分ですし追加の費用を抑えることが出来ます。

あるいは関係者が持っている自家用車を使わせてもらうという手もありえます。こうした車両は、おおむね日常的にある範囲の地域を走っているものですから、イベント車を雇ってわざわざ走らせるという費用の削減にも繋がります。そうはいっても最大の問題はデザインの事で、車に塗装をしてしまうと費用もかかるし何より車を傷めてしまうという問題があります。営業車ならまだしも、例えば自家用車を使うといったアイデアはこの点がネックになってうまくいかないでしょう。しかし、ラッピングを使えばこれも簡単に解決出来ます。

ラッピングは今の車にフィルムを貼るだけですし、必要無くなればフィルムを剥がす事も出来ます。もちろん今の塗装を傷付けることはありませんので、塗装では発生するような問題はほぼ解消出来るのです。なおかつ、ラッピングは塗装に比べればずっと制作費用が安く済みます。これらの使い勝手のよさを考えれば、ラッピングの利用はイベント車にうってつけの方法だといえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *