ラッピング配送車両が支持される理由

近頃メジャーとなりつつあるラッピングを施した車両は、かつては手作業の塗装によって施工されていたものであり、おもに企業の宣伝や広告を目的として利用されていました。

また利用される車両にもいろいろなものが存在しており、大きなものだと航空機や列車などもありますが、これらだと移動箇所も限られてくるため、どちらかといえば自動車などの小回りが利いて移動する場所も選ばない車両の方が、使い勝手も良い傾向にあります。

そこで注目が集まっているのがラッピングを施した配送車両で、まずはコンピューターでシートに広告を施すラッピング施工術は、塗装よりもシートで車体ボディを包むだけであるために簡単かつ時短で済みますし、塗装では難しいカラーグラデーションや繊細な絵柄なども実現可能です。

しかも傷や劣化にも強くて使用後もシートを剥がすだけで済みますし、施工が簡単ということは人件費のコストも削減できるので、トータル的に塗装よりもメリットが豊富です。そしてそれを配送車両に利用することで、他の乗り物に広告を施した場合と比較してみると、配送車両は走行距離も多くてさまざまな場所に移動するので、より不特定多数の人の目に入ることになります。もちろん広告目的だけでなく、荷物を運ぶという根本的な目的も同時に果たせるため、まさに一石二鳥で大変効率的です。それゆえにこのような豊富なメリットと高い効率性が評価され、配送車両のラッピングの需要は高まってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *