配送車両のラッピングとは

配送車両には、その企業や店舗の名前とかロゴマークを最低限入れたいと思うことでしょう。

市販車両をそのまま利用することももちろんあるかもしれませんが、ある意味では街を走るせっかくの広告宣伝媒体なのですから、その車体をできるだけ活用したいと考えるのは当然のことです。ここで、企業名や店舗名、電話番号や簡単な宣伝文句を入れるだけなら、単純にペイントで記載するという方法もあります。しかしそのような簡単なものだけで満足するとは限りません。配送車両の全面に広告をあしらいたいというような要望も当然出てくるでしょうが、こういう場合に有効な方法としてラッピングがあります。

全面塗装ではないのかと思われるかもしれませんが、ラッピングというのは最近になって大きく注目されるようになってきた予め印刷したフィルムを車両に貼り付ける方法であり、塗装にはない利点が数多くあります。塗装の場合、かかる時間とかコストは、意匠やデザインの複雑さにほぼそのまま比例します。

単純な一色塗装であれば機械的にその色の塗料を吹き付けるだけで済むかもしれませんが、複雑なデザインを表現するとなれば基本的に塗装工による手作業となり、時間も費用もそれに比例して増えることになるわけです。配送車両の場合、できることならビビッドで見る人の印象に強く残るデザインにしたいと思うことでしょう。ラッピングであればコンピューター上で処理してプリンターで印刷したフィルムを使いますから、比較的費用を抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *