今では欠かせない配送車両のラッピングは魅力的です

運送会社や一般的な会社でも、自社で配送車両を有していることが基本です。

商品を配達する際に利用する車両なので、車種はワンボックスなどが活用されています。このタイプの車種の場合はボディの面積が普通車よりも広いこともあり、ノーマルのままで走行させるより、ボディを活かしてラッピングすることに魅力を感じられます。配送車両にラッピングすることに関しては、取引き先や一般消費者に対して安心感を抱いてもらうことができることも魅力的です。

例えば白色のワンボックスをノーマルで配送車両にしている場合、配送先でどこの会社の車両なのかを判断してもらうことが難しい状態になります。一般消費者を例にしても自宅前に停車した場合、何も施されていない場合は怪しさを感じさせてしまうという時代的背景もあります。その結果として今では配送車両へのラッピングは欠かせないものとして広範囲で利用されています。施工範囲は完全に自由ですが、ある程度離れた距離から見ても、直ぐに会社名が判断できるように工夫することも必要です。

社名やロゴを入れることが基本になりますが、イメージカラーを用いてシート作成を依頼することも良い方法です。もしもイメージカラーがそもそも無いという会社の事例では、この機会に敢えて作ってみることもおすすめできます。更に会社独自のマスコットキャラクターなどを作成すると、配送車両のラッピングは上出来です。施工店と事前に打ち合わせを十分に行うことで、プロ目線で良い提案を受けられる可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *