営業車のラッピングは走る広告になり企業PRになる

営業車にラッピングをして車両全面を広告の媒体にすれば、前から見ても後ろから見ても上から見られる場合でもインパクトの強い宣伝をすることができます。

町中を走る営業車に施された鮮やかなラッピングは、走る広告や企業PRになると共に広告目的以外にも車両の塗装保護の効果も期待できます。また車種が古くてもラッピングすると新車種のように変わるので、新しく車を購入するより安くイメージ変更することが可能です。企業が業務のために使う営業車は移動や運搬の手段だけでなく、動く広告で日常の中で自然に行われるコミュニケーション手段という役割を果たしています。

それを実現するのがラッピングで、広告媒体費をかけることなく長期間にわたって企業PRや認知度向上の効果を得ることが可能です。社名やロゴが変わったときなどでも迅速に対応することができ、数多くのメリットを有しています。全国に支店や営業所がある会社で営業車やトラックを多数保有している企業なら、大規模キャンペーンなどの手段としても役立てることができるでしょう。

常に同じデザインのフィルムを貼っておくのもよいのですが、タイミングに合わせてその時々で広告内容を変更するのがおすすめです。簡単に剥がせるという特徴があるので、それを生かしながらスピーディーにデザインを貼り替えながら効果的な広告を展開していくことです。営業車にラッピングを施すと、新規取引を拡大する営業強化を図ることができます。そして企業のイメージアップやブランディング構築に繋がり、従業員のモチベーションアップにもなります。
営業車のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *