営業車をラッピングする際のポイント

ラッピングを施した営業車は、ただ道を走らせるだけで宣伝広告としての役割を担ってくれる魅力的な存在です。

ただ、なんとなくラッピングを施した営業車を走らせたからと言って高い広告効果を期待することは当然できません。そのため、営業車をラッピングする際には高い効果を期待できるようその内容には工夫を凝らすことが重要です。そもそも広告宣伝車は、道路を走っている状態が基本です。

停車もしますがそれは限られた時間に過ぎません。細かい文字で情報を書き込んでも、その詳細を読んでもらうことは難しい点には注意が必要です。それゆえに、見かけた人の目を引くことを第一に考えたインパクト重視のデザインを採用するのがおすすめです。また、近年ではスマートフォンやタブレットなどの端末を個人が当たり前に持っている時代です。詳しい情報を知りたいと思ったらその場で調べられる環境を多くの人が持っています。

つまり、営業車のラッピングが担うべきは興味喚起であり、より一層詳しい情報についてはホームページなどにアクセスしてもらって調べてもらうのがベストです。そのため、その広告には商品名やサービス名と合わせて検索キーワードなどの情報をデザインに組み込むのが良いでしょう。さらに、営業車が普段通るルートに合ったラッピング内容にすることも重要です。これは、地域や見る年齢層に合った広告デザインを意識することで、その効果を高めることができるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *