営業車両のラッピングで新製品をPR

新しい商品の開発に成功したら、今度はマーケティングに力を入れなければいけません。

斬新な機能を持つ自社製品が誕生しても、その知名度が低ければ実際の売上には結びつきません。みんなが必ず名前を知っている世界的な大企業も、新製品が誕生した際は大規模な宣伝活動を実施します。星の数程、多種多様な製品が市場に供給されており、宣伝活動をしなければ、たとえ素晴らしい製品でも埋もれてしまい、場合によっては赤字になりかねません。宣伝手法は色々とありますが、費用対効果と話題性に優れているのが、営業車両のラッピングです。

最近は街中でもラッピングが施された車が数多く走っています。路線バスや個人の車、そして企業の営業車両などです。ラッピングの技術がここ最近は劇的に向上しました。今までは営業車両にラッピングするのが難しいとされた高画質な写真や複雑な模様のデザインなども、低価格で綺麗に掲載出来ます。

営業車両は営業職の方々の足であり、地元の街はもちろん、場合によっては隣町や遠方の都心部まで走行します。その間、営業車両は不特定多数の人々に見られ、言わば動く看板として機能するのです。普通にチラシを配布したり、ポスターを掲示することも大事な宣伝手法ですが、ラッピングを施した方が老若男女問わず、新製品の情報をPR出来ます。今まで自社製品に、あまり関心を持たなかった層に対してPRが出来るのも利点です。更に費用対効果が他の方法よりも良く、ユーザーやクライアントへの知名度アップの効果はとても良好です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *